【朝礼ネタ】自分を変える名言⑤53歳現役!三浦知良(キングカズ)5つの名言

2 min

名言 朝礼 三浦知良 カズ

 

出展:@niftyニュースサッカーダイジェストWeb)

 

日本サッカー界のレジェンド“キング・カズ”こと

三浦知良さんが2月26日に53歳の誕生日を迎えました。

1993年のJリーグ開幕時から日本サッカー界を牽引してきたスーパースター。

 

今なお現役として挑戦をし続けている姿は、

我々に元気と勇気を与えてくれます。

そんなカズさんの数多くの名言から、5つ紹介します。

三浦知良 5つの名言

朝礼 名言 三浦知良

上を向いている限り、絶対にいいことがある。明るい未来が待っているはずだ

絶対いいことがある」に前を向く勇気を貰える一言です。

 

10代でのブラジル武者修行を始め、

様々な挑戦をしてきたカズさん。

その途中には、様々な困難や壁があったと思います。

特に印象的なのは、1998年フランスワールドカップ本選直前のメンバー落選。

→(参考)スポニチアネックス

 

人生最大の夢であるワールドカップ出場を目の前にしての落選。

フランスから帰国した際の金髪での記者会見は今でも印象に残っています。

そんな困難や壁を乗り越えてきた、カズさんだからこその一言です。

全盛期?これからだよ

年齢・衰えなんて関係ない!と思わせてくれる一言です。

 

プロスポーツの世界で

今なお現役を続けるためには、

不断の努力と節制が不可欠。

そんなカズさんの「全盛期?これからだよ」は圧倒的な説得力があります。

今が全盛期!と言い切れる何かを持ちたいものです。

一番期待しているのは俺だし、俺が自分の一番のファンだから

成功している人の多数は、

先ず、自分の潜在能力を自分自身が一番信じています

自分が成功を信じないで誰が信じるのでしょう。

自分を認め、自己肯定をしている人は魅力的です。

自分を卑下せず、今の自分を認めることが成功の一歩かもしれません。

[ad]

夢は語ったほうがいい。言わなきゃ、何も始まらない

2月26日の誕生日に、

AFC(アジアサッカー連盟)がツイッターで、

カズさんの「夢を見続けることが重要だ

という言葉を紹介しています。

カズさんは、度々

「夢」を持ち、それに向かって努力をする重要性を伝えてくれています。

「夢」を語ることで、自分で改めて夢を認識し、

周囲に伝えることで、自分に「絶対、夢を実現する!」

とプレッシャーを与えているのでしょう。

あきらめる理由を探すんじゃなくて、あきらめない理由を探せ

厳しいですが、あきらめかけている時に気合を入れてくれる一言。

 

誰しも努力を続けるのは苦しいもの。

そんな時に、頭を「あきらめる理由」がよぎりますが、

すぐに振り払って「あきらめない理由」を探しましょう。

「これを達成すれば誰かが喜んでくれるから、あきらめない」

「これが終わったら、今日はやめよう」

何でもいいと思います。

今日まで実現しなくても、明日は実現するかもしれません。

最後に

朝礼 名言 三浦知良 成功

 

言葉はもちろん、生き様でも

勇気を与えてくれるキング・カズ。

自分よりも年上の人が頑張っている姿を見ると、
刺激をうけない訳にはいきません!

 

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す