【必見】転職の際、資格を取るのは内定に有利?無意味?転職3回経験者が考える。

3 min
必見 転職 資格 有利 無意味

転職に前もって資格を取ろうと思うんですけど・・・

もらえる情報の幅も広がるかもしれないし・・・

ジジ おかげさま

うーん、転職の為に取得するんだったら、先ずした方が良いことがあるよー!

 

このように、

転職準備の時に、

『資格絶対取らないと・・・!!』

『資格を取った方が有利なのでは・・・??』

と、転職活動に資格は・有利?・無意味?

と悩む人も多いのではないでしょうか。

 

今回は、

『転職する為に、資格を取った方がいいのか』悩んでいる人向け

転職活動に資格は・有利?・無意味?

を考えます。

●この記事を読んでほしい人
・転職準備中の人
・転職に際しての資格取得を悩んでいる人

ということで、

資格を取って独立!

どこでもいいから、〇〇の仕事をしたい!

と考えている人は、この記事は飛ばして頂いて大丈夫です。

転職時に資格取得は有利?無意味?

必見 転職 資格 有利 無意味 考える

 

転職時に資格取得は有利か?無意味か?

 

自分が考える結論から言うと、

『その前にやる事があります。』

です。

転職時の資格取得を考える前にやる事とは

必見 転職 資格 有利 無意味 分析

 

転職時の資格取得を考える前にやる事は、

就職したい業界・会社をしっかり分析する

ことです。

そう考える理由は、以下の2つです。

 

転職時の資格取得を考える前に、
就職したい業界・会社を分析した方がよい理由
・実際に求められている資格・スキルがわかり、
企業に対する“ウリ”になる。
・入って取得した方が、プラスな場合がある。

実際に求められている資格・スキルがわかり、企業に対する“ウリ”になる。

『就職したい業界・会社を分析をする』

ことは当たり前の様ですが、実際後回しにしている人も多いようです。

今の職場が嫌で、とにかく外の会社に行きたい!!という人は

先ず人気のある資格を取って・・・という人もいるでしょう。

資格を取るのは、内定をとる手段の一つです。

しかし、あくまで転職時に資格を取るのは、

内定を取るという『目的』に対する『手段』の一つです。

手段の精度を高める為にも、

働きたい業界や働きたい会社の情報収集をしましょう。

当然、募集条件に〇〇という資格が採用要件に入っていたら

取得をしないといけませんし(当たり前)

受ける会社のホームページに資格取得者の数が記載されている場合、

余裕があれば、

そこに記載されていない(若しくは数が少ない)

他の業務に関する関連資格を取得すれば、

差別化・アピールにつながると思います。

 

入って取得した方が、プラスな場合がある。

又、入社して取得した方が

プラスの場合もあります。

それは、その会社が社員の資格取得を

奨励している場合です。

・資格取得の費用、登録が必要な場合はその費用も
会社が負担してくれる(セコイかな?)

・“会社の資格取得バックアップ制度”を活用して
資格を取りたい!という会社の内情を把握した上での
アピールになる。

事がメリットになります。

[ad]

一人で情報収集せず、色々なソースから情報収集をしよう。

必見 転職 資格 有利 無意味 情報収集

 

その為にも、一人で情報収集せず
色々なソースから、情報収集をしたほうが良いでしょう。

一番お薦めは、転職エージェントを活用し、情報収集することです

転職エージェントは、
企業の人事担当から募集記事に掲載される情報だけではなく、
その企業の求人ニーズ・情報をタイムリー且つ細かく掴んでいます。

 

ジジ おかげさま

私自身も転職の際、転職エージェントを活用しましたが、

・配属されるであろう部署の年齢層
・配属される部署の現状
・上司・同僚になるであろう社員の性格

等、求人媒体には掲載されない情報も
転職検討時に教えてもらいました。

 

又、求職者からの立場からは

・求職者の細かい希望と企業の調整をしてくれる
・資格を含めた求職者のスキルが一番マッチする企業の求人情報を提供してくれる

メリットがあります。

ジジ おかげさま

私自身も転職の際、転職エージェントを活用しましたが、

・入社時期の調整

・転居先の紹介
等も、してもらいました。

自分が進める、転職エージェント

自分が進める、転職エージェントは以下の通りです。

 

[rank id=3]

 

最後に

以上、

転職の際、資格を取るのは内定に有利?無意味?かを考えました。

せっかく資格を取るのなら、

取った資格の魅力を最大限アピールできる様

磨いていきましょう!

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す